ホームページ制作で使える補助金について

投稿日:

ホームページ制作に使える補助金には「小規模事業者持続化補助金」「IT導入補助金」「自治体による助成金」の3種類がございます。
「IT導入補助金」については、一方通行の情報発信をするホームページ(コーポレートサイト等)は、当補助金の対象とはなりません。ただし、ECサイト(通販)やITツール(予約システム、集客ツール等)は例外です。
一般的には、「小規模事業者持続化補助金」を申請している方が弊社でも多いです。まずは、下記よりご相談ください。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者持続化補助金とは、日本商工会議所や全国商工会連合会の支援の元、小規模事業者の継続的な事業発展のために支給される補助金制度です。

小規模事業者とは
業  種
従業員数
商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下
利用できる経費

〇 Webサイト制作費(リニューアル可)
〇 ECサイト構築

補助率・補助額
一般型 上限額50万円/補助率2/3
低感染リスク型ビジネス枠 上限額100万円/補助率3/4

※一般型
持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。
売上拡大・地道な販路開拓に係る経費が対象になります。
〇75万円以上の補助対象となる事業費に対し、50万円を補助します。75万円未満の場合は、その2/3の金額を補助します。

※低感染リスク型ビジネス枠
小規模事業者が経営計画及び補助事業計画を作成して取り組む、感染拡大防止のための対人接触機会の減少と事業継続を両立させるポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に関する取組を支援するものです。

どこに申請すればいい?

本補助金は、「日本商工会議所」と「全国商工会連合会」が公募を行っておりますので、審査のためにはこのどちらかへの申請が必要になります。
※まずは、地域の「商工会議所」または「商工会」にご相談ください。

申請の際に必要な書類は?

本補助金の申請には、以下5点の申請書が必要です。

1 小規模事業者持続化補助金に係る申請書
2 経営計画書兼補助事業計画書①
3 補助事業計画書②
4 小規模事業者持続化補助金交付申請書

※詳細はこちら

申請日程
【一般型】
受付回数 受付締切期限
第5回 2021年 6月4日(金)
第6回 2021年10月1日(金)
第7回 2022年 2月4日(金)
第8回 2022年 6月 初旬頃
第9回 2022年10月 初旬頃
第10回 2023年 2月 初旬頃【最終】
【低感染リスク型ビジネス枠】
受付回数 受付締切期限
第1回 2021年 5月12日(水)
第2回 2021年 7月 7日(水)
第3回 2021年 9月 8日(水)
第4回 2021年11月10日(水)
第5回 2022年 1月12日(水)
第6回 2022年 3月 9日(水)

※弊社では格安でECサイト(通販)マッチングサイト等を制作しております