ホームページ制作で使える補助金について

投稿日:

ホームページ制作に使える補助金には「小規模事業者持続化補助金」「IT導入補助金」「自治体による助成金」の3種類がございます。
「IT導入補助金」については、一方通行の情報発信をするホームページ(コーポレートサイト等)は、当補助金の対象とはなりません。ただし、更新業務をラクにするWordpressで構築のサイトやECサイト(通販)、ITツール(予約システム、集客ツール等)は例外です。
一般的には、「小規模事業者持続化補助金」を申請している方が弊社でも多いです。まずは、下記よりご相談ください。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者持続化補助金とは、日本商工会議所や全国商工会連合会の支援の元、小規模事業者の継続的な事業発展のために支給される補助金制度です。

小規模事業者とは
業  種
従業員数
商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下
利用できる経費

〇 ウェブサイト関連費(補助金交付申請額の1/4が上限)・広報費・委託、外注費
※ウェブサイト関連費のみでの申請はできませんが、次のものと組み合わせることで申請が可能になります。
委託・外注費としてIT全般のコンサルティング費用(IT顧問サービスの契約)
広報費として新サービスを紹介するチラシの作成・配布、看板の設置等、広告費

補助率・補助額
類型 補助上限額 対   象
通常枠 50万円 下記対象に当てはまらない事業者
賃金引上げ枠 200万円 事業場内最低賃金を地域別最低賃金より+30円以上とした事業者
卒業枠 200万円 常時使用する従業員を増やし、小規模事業者として定義する従業員の枠を超え事業規模を拡大する事業者
後継者支援枠 200万円 将来的に事業承継を行う予定があり、新たな取組を行う後継者候補として、「アトツギ甲子園」のファイナリストになった事業者 ※アトツギ甲子園とは、中小企業などの後継者たちが新規事業アイデアを競うイベント
創業枠 200万円 産業競争力強化法に基づく認定市区町村、または、認定市区町村と連携した認定連携創業支援等事業者が実施した特定創業支援等事業による支援を公募締切時から起算して過去3カ年の間に受け、かつ、過去3カ年の間に開業した事業者
インボイス枠 200万円 2021年9月30日~2023年9月30日の属する課税期間で一度でも免税事業者であった事業者、または、免税事業者であることが見込まれる事業者のうち、インボイス(適格請求書)発行事業者に登録した事業者

〇 補 助 率:2/3(賃金引上げ枠のうち赤字事業者については3/4)

どこに申請すればいい?

本補助金は、「日本商工会議所」と「全国商工会連合会」が公募を行っておりますので、審査のためにはこのどちらかへの申請が必要になります。申請書類には商工会議所や商工会の捺印も必要となります。
※まずは、地域の「商工会議所」または「商工会」にご相談ください。

申請の際に必要な書類は?

本補助金の申請には、以下5点の申請書が必要です。

1 小規模事業者持続化補助金に係る申請書
2 経営計画書兼補助事業計画書①
3 補助事業計画書②
4 小規模事業者持続化補助金交付申請書

※詳細はこちら

申請日程
受付回数 受付締切期限 事業支援計画書(様式4)発行の受付締切
第8回 2022年6月3日(金) 原則2022年5月27日(金)
第9回 2022年9月中旬 原則2022年9月上旬
第10回 2022年12月上旬 原則2022年12月上旬
第11回 2023年2月下旬 原則2023年2月中旬

※弊社では格安でECサイト(通販)マッチングサイト等を制作しております